仕事内容の読み方

入社後のギャップを減らそう!求人広告から読み取れることとは?

新しいお仕事を始めたとき、思っていた仕事と違って早期退職してしまったということはありませんか?今回はそういったギャップをできるだけ減らせられるよう、求人広告から実際のお仕事をイメージするポイントをご紹介します。求人広告を出すということは、雇う側が欠員補充や新規で雇う事で会社の成長につなげたいなどの目的があり、「こういった人を雇いたい」と求める人材の具体的なイメージを持っています。その内容と自分の想像していた内容のズレを少なくすることが重要です。 しかし、実際には法律により募集要項や広告に記載してはいけない内容があり、求める条件をそのまま記載できないことがあります。例えば、力仕事が多いので若くて体力のある男性を雇いたいと思っていても、男女雇用機会均等法により求人企業・事業主が募集・採用する際、性別を理由とする差別を禁止しているので、その通りに書くことはできないのです。

「○○活躍中」に注目!ほしい人材のキーワドがここに

欲しい人材は決まっているけれど、法律順守の観点からそのままの内容を記載する事は難しい場合、よく使われる表現として「未経験歓迎」「主婦(夫)活躍中」「若手活躍中」など、「活躍中」や「歓迎」があります。例えば、家事代行サービスのスタッフとして女性で通常から家事の経験が豊富な主婦を採用したい場合は、女性限定、中高年で家事になれた人とそのまま書くことはできませんから、「主婦(夫)歓迎」、「エルダー活躍中」などの文言を入れて、欲しいターゲット層をより集めやすくしています。 他には「未経験歓迎」ならば急募で経験問わず人が欲しいため採用率が高い傾向があったり、業務内容が比較的簡単で取り掛かりやすい場合が多いでしょう。お仕事を探す際はぜひ求める人材を表わしている「歓迎」「活躍中」に注目してみてください。

その工場の求人の職種に関連したことを志望動機に書くことが大事です。そのほか残業が可能か、工場は夜勤や交代制があるところも多いので可能かどうかも書くのもポイントです。